熱狂的野球ファンが綴る!ベースボールの魅力

日本人選手によるドリームチームづくり

今、野球界は以前に比べると確かに人気が落ちているといっても過言ではありません。
子供のスポーツ人口がサッカーに抜かれる可能性まで出てきています。

 

しかし、日本人選手のメジャー挑戦、国際大会の活性化、
プロ野球の地域ファン化作りなどを通じてまた、
野球人気が徐々に人気を取り戻そうとしている風を感じることができます。

 

しかし、何といっても野球の魅力は選手同士のガチンコの
勝負を繰り広げる世界にあることは言うまでもありません。

 

特にストレスの多い現代社会においては見ているだけでも
ストレスの解消になるこのスポーツの存在はありがたいものです。

 

野球は、精神の健康を保つ上でも明日への活力を養ううえでも
とても有意義な心身ともに健全にしてくれるスポーツなのです。

 

そして、それがゆえにそのファンも多いのではないでしょうか?

 

また、子供たちにとってもチームプレイである野球は社会にでるための
準備としてもとても役に立つはずです。

 

そして、プロ野球を頂点とする野球界、大学野球、高校野球、ボーイズリーグ、
さらには社会人野球という様々なステージで選手たちが切磋琢磨して
盛り上げること、そしてプレイの質が上がっていくことが
ファンにとって何よりも魅力となるわけです。

 

こうした中でファンにとって、魅力的な160キロを投げる大谷投手、
200本以上のヒットを打つ秋山選手、そしてトリプルスリーを達成した柳田選手と
山田選手のような存在がどんどん生まれてくることが
一番の活性化につながっていくことは言うまでもありません。

 

そして、彼らがメジャーリーグで活躍して、できれば日本代表として活躍してくれれば、
最高の流れといえるのではないでしょうか。

 

ところがここで一つ問題なのが
、野球というスポーツがまだまだ世界では認められていないという現実です。
どうしても最高峰は国別の対抗戦ではなく、
アメリカのメジャーリーグという扱いが事実として残っています。

 

だからこそ、今後東京オリンピックで野球が競技として復活した際には
あらゆる国が野球にベストメンバーで取り組んでもらい、
真の国別世界一を決定する位置づけになってほしいと思います。

 

そこにはもちろん、日本人選手もベストメンバーがそろい、
メジャーリーグやプロ野球も一定期間の休止をするくらいの勢いが必要になると思います。
こうした、最高峰を決める戦いが行われてこそ、
野球が今以上に栄えていくことになると思います。

 

日本人にとって野球は子供から大人まで幅広く手軽に楽しめる
健康増進にも役立つスポーツなのですからその発展を願って止みません。